今さら聞けないフランス料理のテーブルマナーの基本

著者:Jruby  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前回はテーブルナプキン編(詳しめ)をお伝えしましたが、今回は基本的なテーブルマナーについてお伝えします。

カトラリーは外側から使うのが基本

真ん中の位置皿を中心に、右側にはナイフ、左側にはフォークがそれぞれ数本ずつ用意されています。

基本的に、これらは出された料理と共に外側から使っていきます。

ナプキンの使い方はこちらを参考に→知っておきたいフランス料理のマナー:テーブルナプキン編

スープは音をたてずに美しく流しこんで

フルコース料理のスタートは前菜。

前菜のあとはスープが出てきます。
丸い形をしたスープスプーンを使い、皿の手前から奥に向かってスープをすくいます。
この時、音をたてずに静かに口に流し込みましょう。
残り少なくなったら、片手で皿の手前を持ち上げて、皿の奥のほうにスープを寄せていきましょう。

パンは一口大にちぎって食べましょう。

パンが運ばれてきたら、1つ~2つを取り、パン皿にのせます。(あとで追加できるので欲張らないで)
そのままかじるのはもってのほかです。ひとくちサイズにちぎって口に運びます。
パン皿がない場合は、テーブルクロスの上へ直に置きましょう。
位置皿やスープのお皿の上に置いてはいけません。

メイン料理

魚をひっくり返して食べるのはタブー

骨抜きの魚の場合、中骨にそって一口ずつカットしながら食べます。
上身を食べ終わったら、身をフォークで抑えながら中骨の下にナイフをくぐらせて骨を外します。
ひっくり返して食べるのはマナー違反です。

骨付きの肉も、手づかみで食べるのはタブー

骨付き肉ってたべにくいですよね。しかし、手づかみではなくナイフとフォークを使ってカットしながら食べるのがマナー。
骨に沿ってナイフを入れると肉がすべらずに上手に切り離せます。
ハンバーグやステーキなど、食べやすいように最初に全部カットする人がいますが、それはNGです。
左側から一切れずつカットして食べるのがマナーです。

お皿の上に置いたカトラリーで食事中or食事後のサイン

食べ終わったら、使ったカトラリーを左図のように揃えて皿の上に置き、一緒に下げてもらいます。
この時、ナイフの刃は必ず内側に向けて置きます。

ワインを飲む時や相手の話をじっくり聞くときは食事の手を止めます。
その際には、右図のようにハの字型になるように置き、食事の途中であることを示します。

知っておきたいワンポイントマナー

フランス料理にはワインが欠かせませんね。
お店のスタッフがワインを注いでくれる際は、グラスはテーブルに置いたままでOKです。
手を添える必要もありません。

カトラリーを床に落としてしまった場合、自分では拾いません。お店のスタッフに任せましょう。

それでは、基本的なマナーを押さえて、おいしい料理を楽しみましょう。

こちらの記事もどうぞ!

  1. 美味しくて意外にヘルシー♪チーズを食べよう!
  2. 朝スッキリ目覚めるコツ、教えます!
  3. 心も身体もリフレッシュ!ハーブの種類と効果【ハーブティ入門】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Jruby

著者:Jruby もっとライタープロフィールを見る

所属:
趣味: 海外に行くこと、体を動かすこと、お店回り、予定をたてること

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. スプリット より:

    スープの飲み方ですが、手前からすくうのは英国式であってフランス式ではないです。
    フランス式は、逆の奥から手前へすくいます。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ