~被災者支援~ いったいどこへ募金すれば良い?

著者:Nightpower  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

地震発生から5日目になります。都内では、計画停電による公共交通機関の麻痺が起こっていますが、東北地方で被災者の方々に私たちが、今できることは何でしょうか。

募金、献血、節電、ネットを使った有益な情報の拡散など、様々な手段があるとは思います。その中でも最も有効かつ、手軽で、現実的と言えるのは、やはり募金ではないでしょうか。しかし、募金先としては様々な団体、有名人、企業が名乗りを挙げはじめており、どこに、どの程度の金額を寄付すれば良いかを迷っている女性も多いのではないでしょうか。

今回は、募金先、また募金について考えるヒントをお伝えします。

災害専門の団体

マスコミが急遽設置した支援基金や、街頭募金は、認知度の高さから一定の効果はあると言えるでしょう。けれど、彼らは仲介者にすぎません。当然ながら、集まった募金を、彼らが直接、被災地の方々に届けなくてはならないのです。もし、現地で実際に被災者を支援している団体に直接募金をすることが出来たら、仲介のロスがないと言えるでしょう。ネット上で5分探せば、必ず複数見つかると思います。ここでは、既に医療活動を始めた団体を1つご紹介いたします。

AMDA(特定非営利活動法人)

http://amda.or.jp/content/content0223.html

*以下HPより引用

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

相互扶助の精神に基づき、災害や紛争発生時、医療・保健衛生分野を中心に緊急人道支援活動を展開。世界30ヵ国にある支部のネットワークを活かし、多国籍医師団を結成して実施しています。

AMDAの国際人道支援活動は相互扶助の精神、つまり「困ったときはお互いさま」の心に基づいており、「人道援助の三原則」(ボランティア三原則にも置換えられる)を活動成功の鍵としています。

・誰でも他人の役に立ちたい気持ちがある

・この気持ちの前には、国境、民族、宗教、文化等の壁はない

・援助を受ける側にもプライドがある

AMDAとは、The Association of Medical Doctors of Asia(設立時の名称:アジア医師連絡協議会)の頭文字をとったものです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

すでにスタッフの方々は全員現地入りしたようです。赤十字のような大団体だけでなく、このような少人数ならではの機動力の良さを生かしている団体もあるのです。このような団体に募金すると、仲介のロスがなくダイレクトに、被災者支援のための活動資金としてお金が運用されます。

また、活動の様子も逐一、HPにアップされているため、確認ができます。

有名人による”ファン参加型”募金

今回の地震を受けて、多くの著名人や、タレント、企業経営者が寄付を始めました。しかし、彼らの中には自分たちの知名度を生かして、ファン参加型の支援方法を提案している有名人もいます。自分が普段から気に入っている、アーティストやバンド、有名人、ブロガーなどのHPをチェックしてみてください。

ここでは一つだけ、海外からの支援活動をアップします。

レディー・ガガ

http://ladygaga.shop.bravadousa.com/Product.aspx?cp=14781_42444&pc=BGAMLG88

このようなリストバンドを、一本5ドルで販売を始めました。リストバンド自体は一時期、その是非について賛否両論がありましたが、今回の地震発生後、歌手のLady Gagaが、世界で初めてこのようにファンを巻き込んで募金活動をしています。これは異例のスピードであり、まさにポップスターとして素晴らしい姿勢です。

日本の有名人からも、このような動きがもっと見られたら良いなと思っています。是非、あなたのお気に入りの有名人をチェックしてみて下さい。

自分たちのコミュニティ

あなたが、普段所属しているコミュニティはどこですか?

職場、サークル、部活、バイト…。様々なコミュニティが、あるでしょう。

もし、あなたが「なんとかして被災している方の支援に携わりたい。でも一人では何をどうしていいかわからない。」と思っているならば。

そのコミュニティで一致団結して、募金活動をしようと訴えてはどうでしょうか?是非、あなたが日常の生活で活動しているコミュニティで、活動している仲間と力を合わせて募金活動をしませんか?

ある程度まとまった人数で募金を呼び掛けることが、信頼性のアップにもつながります。もしも、少しでも気持ちがあるならば、まずは、自分のコミュニティのメンバーと連絡を取り合いましょう。そして、何ができるかを相談してみましょう。

募金をする上で大切なこと

募金をする上で、注意することは、次の二つだと思います。

①    自分に無理のない金額で

②    自分が信頼のできる団体へ

募金は金額の大小や、頻度でその貢献度が決まるのではないと思います。自分のできる範囲で、やりましょう。そして、どこへ、いくら募金するのか、自分なりの理由をしっかりと持ちましょう。それが、つたないものでも自分の頭で考えることが大切だと思います。

大切なのは、募金をしたいという貴方の気持ちであり、貴方の思いであり、そしてこの災害を10年、20年と決して忘れないことではないでしょうか。募金は、ある意味では、地震を経験したことの証を体に刻みこむ行為でもあるのです。

こちらの記事もどうぞ!

  1. 第3回恵比寿映像祭に行ってみた【東京都写真美術館】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Nightpower

著者:Nightpower もっとライタープロフィールを見る

所属:
趣味: Jazz Drums、映画鑑賞、読書

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. [...] ~被災者支援~ いったいどこへ募金すれば良い? | Orange Spicelg88 このようなリストバンドを、一本5ドルで販売を始めました。リストバンド自体は一時期、その是非について賛否両論が [...]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ