【取材】女子大生リボンムーブメント〜前半〜

著者:Ayana.K  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


突然ですが、子宮頸がんという病気をご存知ですか?
私は「子宮頸がん」という名前は聞いた事あっても、「一体どういう病気なのか」までは知りませんでした。

実は、子宮頸がんは20代〜30代女性のがんの中で、発生率が最も高いがんなのです。
日本では、1日におよそ10人の女性がこのがんによって亡くなっています。
自分たちの世代で、かかりやすい子宮頸がんのことを、もっと知らなければいけないと思いました。

そのような思いから、「大切なことを、大切な人に、大切だと伝えようをモットーに、がんの啓発などに興味を持った大学生を中心に発足した
『リボンムーブメントという団体に取材に行きました。

リボンムーブメントでは、子宮頸がんの予防や、乳がんの検診の推進活をしています。

女子大生の自分たちの立場だから伝えられることがある、知ってもらうことによって自分自身の手で大切な未来やからだを守ってほしい。そのような思いで、女子大生によるムーブメントを創る活動をしています。

週1〜2回のミーティングで、話し合いながらイベント企画などをしており、ミーティングの雰囲気は、まさに女子会のようでで楽しそうでした。かつ真面目に話し合うメンバーの視線には熱いものを感じました。

まずは、『リボンムーブメント』の活動についてご紹介します。

活動内容について

1. 検診率向上活動

◇フリーペーパーの制作・配布
◇ 自治体主催のがん予防啓発活動に参画

自治体との連携により子宮頸がんの「無料検診クーポン」の利用の向上サポートを行っています。
豊島区では、無料検診クーポンの配布対象である20歳・25歳で未使用の方に、リボンムーブメントが作成した小冊子「Teal」を郵送し、受診促進をしています。

子宮頸がんの検診は保険適用外なので、全額負担することになると10,000円程になる場合もあります。病気のこととはいえ、検診に自腹で10000円払うのはあまり気が進まないですよね。

しかし、なんと子宮頸がんの無料クーポン全国で前年度に20・25・30・35・40歳になられた女性に配られ、無料で検診を受けられるのです。政府広報オンライン参照→記載ページ

なんとなく自分からは行きにくい検診も、こういった機会があることを知ると「無料だったら検診受けてみようかな」と考えますよね。

2. 次世代へ伝える活動

◇ 中学校や高校で出張授業

  • 中学生には、「つなぐマップ」という形で、自分と、周囲の大切な人たちとの「きずな」を見つめ直したり、中学を卒業したら、高校を卒業したら、大人になったら、と将来の自分について想像したりすることを通して、「健康であることの大切さ」を伝えてきました。彼女たち、彼らと対話を重ねながら「楽しく正しく子宮頸がんを知る」ことができる授業を作っていきます。
  • 高校生には「子宮頸がん」という病気の知識を、より詳しく伝え、自分自身の問題として捉えてもらうことを目標としています。高校生の「お姉さん世代」であるリボンムーブメントのメンバーが、同じ目線に立ち、等身大の言葉を使うことで、子宮頸がんを身近に感じてもらいたいです。恋愛をし、自分のやりたいことを探し、将来のことを真剣に考え始める。そんな高校生のみなさんに、予防できるがんがある、つまり、回避できる悲しみもあるということを伝えます。(以上HP引用)

中学生・高校生にとって年齢の近い「女子大生リボンムーブメント」のメンバーが伝えるから、共感できることがあるんですね。

3. 意識調査

◇ 大学生の意識調査アンケート
◇ I know photo

この活動はこれから子宮頸がんにかかる可能性の高い同世代の人々に子宮頸がんをより身近に感じてもらい、正しい知識を伝え、予防行動につなげてもらうための語り手活動です。

そしてたくさんの人に知ってもらうきっかけづくりのため、
「I know.-私は子宮頸がんについて知っています。」という人たちの写真とメッセージを集め、みんなで一緒に想いを伝えていくこともしています。

取材に行き、私自身も知ることの大切さを感じました。

これらの活動を行っているのは、女子大生を中心としたメンバーの皆さんです。同世代の女の子たちだからこそ、彼女たちが訴えてくるものは、心動かされるものがあります。

後半は、『リボンムーブメント』の方への質疑応答やミーティングの様子、今度開催されるイベントなどについて紹介します^^
→後半へ


こちらの記事もどうぞ!

  1. 【取材】女子大生リボンムーブメント~後半~
  2. 【体験レポート】オリーブオイルで本格イタリアン料理を作ろう
  3. お花見に何持ってく?喜ばれる鉄板お弁当レシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Ayana.K

著者:Ayana.K もっとライタープロフィールを見る

所属: 大学生 哲学専攻
趣味:

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ