数字にロマンを感じてみる

著者:Eiko.N  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

難しい数式や記号ばかりでつまらなそう・・・

と思われがちな数学の世界ですが

実は色んなロマンや、ドラマが詰まっているのです。

きょうは、「未解決問題」というロマンをご紹介。

解けそうで、解けない!!

未解決問題、ゴールドバッハ予想のはなし。

なんだか、聞き慣れない言葉が出てきました(笑)

その名の通り、ゴールドバッハさんが18世紀に立てた予想です。

数学での「予想」とは、

“どうやら成り立つと思うのだけど、絶対とは言い切れない・・・”

というものです。

なんだかふわふわしていますね。

ちなみに。

有名で難しい予想には、

「証明出来たら100万ドル!」と賞金がかけられているものまであります!

(気になった方は、「ミレニアム懸賞問題」で検索を♡)

天才的ひらめきで、一攫千金…!? というのもまた

ロマンのある話ではありませんか?^^

ゴールドバッハ予想て、じつは簡単!?

また今日も、むずかしい数式は一切なし!

ゴールドバッハさんが立てた予想は、とてもシンプルです。

ちょっとその前に、このロマンの主役となる、素数について少しだけ解説。

素数とは、1とその数自身でしか割れない数

(たとえば、2、3,5など) のことです。

予備知識は、これでじゅうぶん。

詳しく知りたい方は、前回の記事もご参照ください。

ゴールドバッハ予想とは

4以上の偶数(2でちょうど割れる数)は全て、

2つの素数を足したもので表すことができる。

というものが、予想の全容です。

少しわかりにくいので、具体例でご説明します。

たとえば、4

4=2+2

と、2つの素数を足したもので表せています。

つぎに、8 で試してみましょう。

8=3+5

こちらも、予想はあっているようですね。

他にも、いろんな偶数で試してみてください。

なんとなく、予想が合っていそうな気がしてきます。

まだ誰も解けていない、というロマン

さて、これがなぜ

「未解決問題」というロマンなのかは、

予想が本当に合っているか、が分からないからです。

予想が立てられたのが18世紀、それからずっと謎のままです。

数が無限にあるように、偶数も無限にあるので

一つ一つ確かめようとすると、いつまでも終わりが来ないのです。

解けそうで解けないこのシンプルな予想。

なんだかロマンが広がっていそうではありませんか?

天才的ひらめきでさくっと解いて、

歴史に名を残してみませんか?笑

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Eiko.N

著者:Eiko.N もっとライタープロフィールを見る

所属: 大学生
趣味:

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ