聞き上手は人付き合い上手!4つのコツ

著者:yuri.I  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

日常生活のコミュニケーションで一番多いものと言えば、やはり会話。話し上手になることも大事ですが、「聞く」ということも大事です。一緒に話をしていて、「この人、話しやすいなぁ」と感じる人って、必ずいますよね。そんな風に人を癒せる聞き上手になるためのコツ、おしえちゃいます。

【否定せず最後まで話を聞く】

相手が話し始めたら、それがマシンガントークであろうと悲しい話であろうと最後まで聞いてあげること。途中で自分の思ったことやアドバイスしたくなる気持ちはわかりますが、最後の最後まで聞くことが大事です。すべてを話し終えて、相手があなたに意見を求めたい場合は「どう思う?」と聞いてきます。話の途中で「でも…」なんて反論してしまうのはもってのほかです。

【いいところを褒める】

聞き終わったら必ずしてほしいことです。どこが良かったのかを、具体的に褒めてあげてください。褒める、という行為によって相手の気分を良くさせることができます。褒められて嫌な気分になる人はいないでしょう。

【共感する】

プラスαとして覚えておいた方が良いことは、相槌を打つときに共感できる部分を探し、適度に「そうだよね」「それわかる~」などと言いながら理解を示すことが大事です。特に女性は共感を求めるような語尾をよく使いますし、それに乗ることで「この人が合う!」と感じさせることができ、いろいろな話を引き出せるでしょう。

【「それから?」と話を引きだす】

さらにレベルアップしたいならこれを使ってみましょう。ただ頷く相槌だけでなく、いいタイミングで「それでどうなったの?」と聞くのがポイントです。話の先を促すことによって、相手の話に興味を持っているという姿勢が見え、相手もノリノリで話をしてくれます。

聞き上手で世渡り上手に!

聞き上手であるということは、友達だけでなく、恋人や家族、時には上司など、あらゆる人間関係を円滑にするためにとても役立つことだと思います。「この人は話しやすい」というだけでたくさんの人からの信頼も得られることでしょう。是非明日から、あなたも上の4つのコツを試してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もどうぞ!

  1. 心も身体もリフレッシュ!ハーブの種類と効果【ハーブティ入門】
  2. 人生、愛がなくちゃ!自分を恋愛モードにセットする3つの方法
  3. もう倦怠期は怖くない!倦怠期を乗り越えるTIPS

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ