Tokyoの空に近づき雑学get!「スカイバス」の魅力

著者:chocolate  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

今回は東京の空にいつもよりちょっと近づいて、爽快感を味わえて、さらには雑学をお土産にできちゃう、SKY BUS TOKYO をご紹介したいと思います。

スカイバスといえば、観光客が東京観光に利用するというイメージがありますが、
意外や意外! 首都圏在住の方でも十分に楽しめちゃうんです!

ということで、今回はあえて、首都圏にお住まいの方へ向けて、3つの視点からスカイバスをオススメしたいと思います。

スカイバスの魅力** その1 **
気分によって選べるコース & ナイスなサービス

まずは、SKY BUS TOKYO について少しご説明を…
 
バスの外観              座席                   チケット売り場

スカイバスとは、東京の定期観光バスでありながらも、開放的な、屋根がない2階建てバス!乗降場所は、おされな丸の内!
コースによって異なりますが、所要時間は概ね50~120分、料金は1、500~2、000円とお手軽!

コースは、
1、皇居・銀座・丸の内コース
2、東京タワー・レインボーブリッジコース
3、東京スカイツリー・浅草コース (私はこのコースを楽しんできました♪)
4、お台場夜景コース
と、どれも捨てがたい!

どのコースも、安全運転な運転手さんと、明るく元気なガイドさんが、楽しく東京を案内してくれます。

そして、なによりうれしいのは心温まるサービス!
私が乗車した日は真夏日だったのですがで、保冷材 うちわを頂けたおかげで、灼熱の太陽の下でも快適に過ごすことができました。

スカイバスの魅力** その2 **
空にちょこっと近づいて、いつもと違う視点から東京を眺めてみる

スカイバスの車高は、なんと 3.8m!
いつもよりも東京の空や、高層ビルに近づけちゃいます。
それだけでなく、街中の道路標識の下や、高架下を通る時に、今にも手が届きそうなくらい 近すぎて新鮮!かつ、スリリング!

さらに、この3.8mという高さ、なななんと、首都高速の制限車高と同じなのです。つまり、首都高速に乗る時や料金所を通過する時に、制限車高のバーのギリギリを走るのです!
ドキドキを通り越して、ハラハラしてしまいました。 (※首都高速に乗らないコースもあるので、要確認)

また、首都高速を屋根なしで走る気持ち良さといったら、たまりません。
空に近づいて、風をたっぷり感じる。 爽快すぎて、日々のストレスなんて吹き飛んでしまいます。

スカイバスの魅力** その3 **
「へぇ~」な雑学をgetして、少し賢くなっちゃおう

スカイバスは観光バスということもあって、要所要所でガイドさんが色々な説明をしてくれます。
いくら東京に住み慣れていたとしても、知らないことがたーくさん!
何度、友人と 「へぇ~」 やら 「ホントだ!知らなかった!」 という驚きの声を上げたことでしょう…。

スカイバスに乗ってからのお楽しみということで、詳しい内容は伏せておきますが、
私がgetした雑学は…こんな感じです↓↓

1、●●店が軒を連ねる●●通りの秘密
2、●の●周辺のビルたちに隠された秘密
3、知らなかった●草の歴史
4、●●●●●ツリーの秘密
5、地名や観光名所の名前の由来
6……、その他にも、「えッあんな所に、あんな物あったんだ?!」
という発見が沢山ありました。

休日は観光客の利用が多いそうなので混雑が予想されますが、私が乗車した平日は、2組だけの利用で、ほぼ貸切状態で、アットホームな雰囲気で過ごすことができました。

また、完全予約制ではないので、空席があれば予約なしで当日乗車することも可能ですが、平日でも満席になってしまう場合もあるそうなので、予約されることをおすすめします。

この手軽さで、これだけ楽しめちゃうなんて、乗らない理由がありません!
いつもとは違う景色を見ながら、あなたの知らないTOKYOに触れてみてはいかがでしょうか♪

 

SKY BUS TOKYO http://skybus.jp/
バス乗り場 : 三菱ビル前バス停留所 (DIESELのお店が目印です)
※丸の内なので最寄駅が多く、どの駅からも3~10分程度というアクセスの良さも魅力的です。

こちらの記事もどうぞ!

  1. スマートに出かけよう!~教養も身につく穴場スポット~
  2. 新茶まつりで1日しあわせ♪―ダージリン・フェスティバルin 池袋―
  3. 献血に行ってみよう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

chocolate

著者:chocolate もっとライタープロフィールを見る

所属:
趣味: 旅行、生の芸術に触れること、自然の中でのんびりすること

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ