たまにはゆっくり、えんぴつで自分の文字を綴りませんか?

著者:Mamico.96  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

「ひさしぶり。元気だった?」「この前は、素敵なカフェを教えてくれてありがとう」

これを見て、メールの本文を思い浮かべてしまったら、少し寂しい。
これを見て、誰かからの手紙を思い浮かべたら、少し嬉しい。

そんなことを最近思うようになった。

TwitterやFacebookなどのSNSによって、人と気軽につながれるようになった。
ずっと会ってない高校の同級生や、中学の同級生ともTwitter上でやり取りできる。

そんな相手がまた一人増えて、ネットで行きかう言葉が増えるほど
えんぴつを手にとって、自分で文字を書くことがどんどん減ってきてる。

メッセージはメールの受信箱にばかりとどいて、
ポストにとどくのは請求書の封筒かピザのチラシ。

そんな当たり前が少し寂しい気がする。

だから最近、新たな習慣を作ってみた。
“カフェに行くとき、ポストカードを持ってく”

“カフェに行くとき”と決めたのは、そこで過ごすひと時が一番ゆっくりと過ごせるから。
「手紙をかこう!!」って、張り切って自分の机に向かって 書かないで。

「ああ、このカフェだったら 今度はあの子と来たら楽しそう」
そうやって思い浮かんだ相手に向けて、文字を綴ってみる。

『今日は、こんなカフェに来ました』って、twitterに写真を投稿したら、
誰かがリプライを飛ばしてくれるかもしれない。
そういってくれた相手でも、良いのかも。

「…手紙送るのに住所とか知らないし」

そしたら、送りたい相手にすぐに聞けるでしょ?

TwitterかFacebookでつながっているから。

*思わず誰かに手紙を書きたくなるポストカードを見つけるなら、ココ*

ハルカゼ舎

住所:東京都世田谷区経堂2‐11‐10

http://harukazesha.com/

*手紙を書く前に、こんなスパイスはいかがですか?*

♪手紙をもっと楽しむヒントはこちら
・・・『心を込めて、手紙を書こう!

♪相手にもっと喜ばれる、ワンステップ上のポストカードはこちら
・・・『50円で送れるポストカードでシアワセをおすそわけ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ