【旅博2011特集 マカオで贅沢な休日を過ごそう!】

著者:Nightpower  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

お台場の東京ビッグサイトで開催されるアジア最大級の旅行の見本市イベント、「JATA 旅博」が10月1日、2日で開催されます!

(詳しくは、こちら<世界旅行3週分くらい楽しめるイベント「旅博」>を御覧下さい。)

そんな本日9月30日はプレスDAYであり、一般会期に先立ち、多くの旅行会社や、メディアの方々に交じり、オレンジスパイスも取材に行ってきました。
といっても旅博に出展している全てのブースを取材したのではありません。

たくさんの国のブースがある中から、今回は、マカオ観光局様に取材をさせていただきました。

オレンジスパイスのマカオ特集!

「え、何故マカオ?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
が、しかし、マカオは今オレンジスパイスが、女性に特に行くことをオススメしたいスポットの一つなのです。

なぜならば、マカオ観光局様は現在、世の中の女子が一度は夢に見るであろう「贅沢な休日」を、まさにそっくりそのまま叶えてくれる場所だからです。

マカオ基本情報

では、マカオの「贅沢な休日」に迫る前に、そもそもマカオとはどんなところかをおさえておきましょう。

正式名称は、「中華人民共和国マカオ特別行政区」。
場所は、香港の西南西約60km、南シナ海に注ぐ珠江(Pearl River)の河口に位置します。
日本との時差はマイナス一時間で、香港と同じです。
その昔、ポルトガル領だったこともあり、街のあちこちにその名残が残っています。

もっと詳しくマカオのことを知りたいという方は、こちらをどうぞ。
マカオ観光局基本情報サイト

と、ここまで、マカオの基本情報をお伝えしましたが、皆さんはマカオにどのようなイメージをもっていますか?
「カジノ」と思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

確かに、カジノはマカオでは目玉スポットの一つです。
しかし、「マカオ=カジノ」と決めつけてしまうのは、ちょっと勿体ありません。
以下、取材を通して得た、オレンジスパイスの「贅沢な休日」の過ごし方を皆さまだけにこっそりお届けいたします。

女子の夢「スイート」に泊まろう

マカオには沢山のホテルがありますが、その種類は大きく分けて、4種類。
どんな贅沢をしたいかによって選べるというのが、とても面白いところです。
以下、順にご紹介します。

リゾート型ホテル。

自然に囲まれ景色がとても綺麗です。
また、カジノがありません。(カジノがないホテルもマカオには数多くあるそうです。)
都会の喧騒から離れ、ゆったりと、文字通り贅沢な休日を過ごすことができます。

カジノ型ホテル。

文字通り、世界有数のカジノがあります。
24時間Openなので、ギャンブル系女子は勿論ここにすべきです。

シティホテル。

ビジネスマンがよく使うそうです…
というと堅いイメージがあるかもしれませんが、そこはマカオ。
画像のようなクオリティは当たり前。
またカジノを併設していないホテルも多く、カジノ型ホテルよりも落ち着いた趣があるようです。

ポルトガル式クラシックホテル。

数は少なく規模も小ぢんまりとしているようですが、伝統的なポルトガルの様式を味わうことができます。
日本でいう民宿のような雰囲気に近いと、観光局のスタッフの方はお話ししていました。

でもきっと高いから…と尻込みしてしまう女子の皆さん。
マカオのホテルのすごいところは、これだけの種類がありながら、「平日ならば高級ホテルのスイートルームに一泊二万円強」で泊まれることなのです!!(勿論、全てのホテルがそうとは限りません。)
女子にとって最高の贅沢である「スイートにお泊り」を、こんなにお手軽なお値段で実現できるのならば、女子同士で「贅沢女子会」を開催するのも悪くないですね。

生パンダを心行くまで楽しむ

「何時間も並んだあげくに、ようやくご対面と思ったら、パンダは、後ろを向いて睡眠中、立ち止まることも許されず、結局顔を見ることもできずに無念のお別れ…。」こんなお話を日本ではよく聞きます。
なかなか見られないとそれだけ一層、「あの愛くるしい姿を生で見たい!」と思う女子も多いことでしょう。

そんなあなたにオススメなのが、「マカオパンダ館」です。
2011年1月にOpenしたばかりですが、パンダを心ゆくまで堪能できます。

しかもお値段は、わずか100円程度。パンダ好き女子は、要チェックです。
公式HPは残念ながらまだ日本語対応していないようですが、「マカオパンダ館」で検索すれば、日本語情報も出てきます。

また、右の写真よりも何倍も可愛いパンダ壁紙を、公式HPのこちらのダウンロードページからダウンロードすることができますので。ぜひ、チェックしてみてください。

スイーツ好きな貴方をうならせる絶品タルト

エッグタルトというものをご存知でしょうか?マカオでは代表的なスイーツだそうです。

サクサクのパイ生地の中に、カスタードが入っており、その見た目からは想像ができないほどに濃厚な味わいです。

筆者も今日始めて食べましたが、生地の食感とカスタードが口のなかで絡み合い、しつこくない甘さほんのりと口の中いっぱいに広がり、大変美味しかったです。
勿論、風味、後味も絶品です。

また、エッグタルト以外にも、マカオには牛乳プリンやフレッシュジュースなど甘さ控えめのスイーツが豊富にあるそうで、一日スイーツ食べ歩き旅行もできそうです。
たまりませんね。

ちなみにエッグタルトは、1日、2日の旅博のマカオ観光局ブースでも出品されていますので、スイーツに目がない方は、騙されたと思って是非試してみてください。

まだ間にあう、この秋~冬に行けるマカオのイベント。

マカオにちょっと行きたくなってきたアナタ。
今年中に行われる「贅沢な休日」を過ごせるイベントを一部、ご紹介します。

  • 必ず食べたいものに出会える?!フードフェスティバル

いかにも美味しそうなこのフェスティバルの名前ですよね。
マカオのスイーツは勿論、ポルトガル料理、アジア料理、スイーツなどなど、100店舗以上がブースを出展するようです。
入場無料なのも、とても嬉しいところ。
11月16日~12月2日の期間中は、夕方から夜まで、毎日開催されているようです。
夕暮れの街並みの中で、美味しい物を食べ尽くす「贅沢な休日」もたまりませんね。
場所はマカオタワー前西湾湖広場だそうです。

  • マカオ国際マラソン

毎年11月に、マカオでは国際マラソンが行われます。
2011年は11月19日~20日の予定だそうですが、2010年は日本からも約350人のランナーが参加したそうです。

このマラソンのオススメポイントは、フルマラソン、ハーフマラソンという比較的長い距離を走るマラソンだけでなく、気軽に参加できる6.5kmのミニマラソンがあるのです。
美しい街並みを楽しみながら、フードフェスティバルで食べた分を走って消費する。というのも、ある意味ではとても贅沢な過ごし方かもしれませんね。

詳細はこちらからどうぞ→マカオ国際マラソン2011

マカオブースで、オレンジスパイスのライターに会える!?

最後に、ちょっとお得(!?)なオマケ情報を。

実は10月1日(土)、2日(日)の会期中、マカオ観光局のブースにて、オレンジスパイスのライターが4名ほど、スタッフとして働いております。
どんな女子が普段オレンジスパイスの記事を書いているのか、
まずは、是非、旅博へ、そしてマカオ観光局のブースへ遊びにいってみてください。

きっとあなたもマカオの魅力にメロメロになることでしょう。

■■

取材協力:マカオ観光局 様
マカオ観光局 公式HP http://www.macautourism.jp/

【JATA旅博】
日時:10月1日(土)、2日(日)
時間:10時~18時 (2日目は17時まで)
場所:東京ビッグサイト
入場料:大人 1,200円 大学生 600円

公式HP:http://www.tabihaku.jp/index.html

こちらの記事もどうぞ!

  1. この春は、ランニング女子でアクティブに!
  2. 狂言も映画も二本立てで見られる! お得な裏・横浜でアートな一日を。
  3. 岩盤浴体験!今、一番HOTなスペースでリフレッシュ!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Nightpower

著者:Nightpower もっとライタープロフィールを見る

所属:
趣味: Jazz Drums、映画鑑賞、読書

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. [...] こちらの記事も参考に→マカオで贅沢な休日を過ごそう [...]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ