買い物でワクワク!得する韓国☆~【おすすめ旅行スポット】

著者:Jruby  このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

羽田空港が開設し、より身近になった韓国では買い物がお得!

買い物って、いつ行っても楽しいですよね!何かモヤモヤした時にお買い物でスッキリすることは多いのではないでしょうか。そこで、買い物を何倍も楽しむ方法を伝授しちゃいます。それは・・・「韓国で買い物旅行」です!

韓国ショッピングの魅力は、

  • もとの値段が安い!
  • 値段の交渉ができる
  • 日本人の体型や肌質と合う

などです。ワクワクしませんか?さらに、中でもおススメのスポットを紹介しちゃいます。

東大門のショッピングエリア!

おすすめのスポットは東大門のショッピングエリアです。ここは大型ファッションビルがひしめき輝く、眠らないファッションタウンです。翌朝5時まで営業しているため、日本からの夜便でも着いたその日から買い物ができちゃいますね!

お店のほとんどは1F~4Fあたりが洋服屋さんで5F~6Fがアクセサリーなどのお店、その上が靴屋さんなどとなっています。
基本的に問屋なのでお店独自のデザインのものは少なく、似たようなものがそれぞれのお店で売っているので、いろいろなお店を見比べてみるのがいいでしょう。
カバン屋さんの前を通るとほとんどの確率で「完璧なコピーあるよ」と言われますw

もともと低価格ですが、「安くして」と行ってみる価値はあります!
さらに少し韓国語ができるとさらに値引きしてくれる確率が高くなるかも?!

東大門のおススメその1:「ミリオネ東大門」

魅力的な東大門の中でも、特におすすめのショッピングビルを紹介します。
1つ目はファッションビルの先駆者として1998年にオープンした「ミリオネ東大門」。
14Fにはマッサージ店もあり、ショッピングで疲れた体を癒すこともできます♪
また、16Fにはネイルモールも入っておりこのビル一つで何でも揃ってしまうかも!

・住所(日本語):ソウル市 中区(チュング) 乙支路(ウルチロ)6街(ユッカ) 18-185
・住所(韓国語):서울시 중구 을지로 6가 18-185
・電話番号:02-3393-0001
・営業時間:10:30~翌日4:30
・休日:月曜、旧正月・秋夕(チュソク)の連休(期間は毎年異なる)
・ホームページ:http://www.migliore.co.kr/  (韓国語)
・日本語:店舗によって異なる
・支払方法:ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
・交通:地下鉄2・4・5号線東大門歴史文化公園駅14番出口 徒歩5分
・交通:地下鉄1、4号線 東大門駅8番出口徒歩5分

東大門のおススメその2:「doota」

もうひとつのおすすめはdoota!
ここは10周年を記念して2009年5月に一大リニューアルオープンを果たしました!
店舗数が減ってゆったり感がアップした各フロアに、国内有名アパレルブランドや新鋭デザイナーショップ、カフェ、レストランが店を構え高級感を与えます。ディスプレイなど店舗ごとに特徴があり、より歩きやすく買い物しやすい雰囲気です。化粧品や雑貨のお店が入っているのも魅力的です!

韓国のショッピングモール、doota!

・住所(日本語):ソウル市 中区(チュング) 乙支路6街(ウルチロユッカ) 18-12 ドゥサンタワー
・住所(韓国語):서울시 중구 을지로6가 18-12 두산타워
・電話番号:02-3398-3114
・休日:日曜日23:00~月曜日19:00、旧正月・秋夕(チュソク)の連休(期間は毎年異なる)
・営業時間:火~土曜日10:30~翌5:00、月曜日19:00~翌5:00、日曜日10:30~23:00
・日本語:一部スタッフ可(店舗によって異なる。案内デスクは一部スタッフ可)
・支払方法:ウォン、カード(JCB,visa,master,amex)
・配送:店舗によって異なる
・交換/払戻し:店舗によって異なる
・ホームページ:www.doota.com
・交通:地下鉄1・4号線 東大門駅3番出口 徒歩1分
・交通:地下鉄2・4・5号線 東大門歴史文化公園駅14番出口 徒歩5分

東大門の買い物を楽しみましょう♪

買い物好きなら興奮すること間違い無しの韓国、東大門でぜひ値段を交渉しながら、心ゆくまで買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もどうぞ!

  1. おすすめイルミネーションスポットはここだ!~2010年冬~

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

Jruby

著者:Jruby もっとライタープロフィールを見る

所属:
趣味: 海外に行くこと、体を動かすこと、お店回り、予定をたてること

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ